産業看護師という職域

自分に合った職場って、いったいどこなんだろ?と悩む看護師はたくさんいます。しかし、一般的には「看護師」だからどこだっていいのでは?どこも変わらないのでは?看護師ではなくカフェ店員になりたいの?など、ストレートに悩みを理解してくれることはありません。

看護師のお悩み相談は、看護師にすること!

看護師の仕事は基本的には医師の診察の補助、患者の日常生活の介助になります。
どちらも立ち仕事が多く、体力仕事でもあるので腰を痛める人もいます。患者の介助になると患者を持ち上げたり、寝返りを打たせたりするので力を使いますし、デスクワークをするのは業務報告書を作成するときやカルテをまとめたりするときくらいでしょうか。とにかく看護師は女性が多く優しくて穏やかな人も多いとされていますが、その仕事内容は決して穏やかなものではありません。

日勤、夜勤もシフトでこなすので生活リズムも不規則になりがちですし、患者から強く当たられることもあります。人の命に関わる仕事なので時には人の死に対面したり、辛い場面にも遭遇したりするので精神的にもタフでないとやっていけません。そうした看護師の仕事に疲れてしまう人も少なくなく、離職率はわりと高い方です。看護師の求人サイトの看護師あるある的な記事をみて、みんな疲れていることがよくわかりました。

しかし看護師の資格は国家資格であり一生ものなのでそれを生かさないのはとてももったいないことだと思います。看護師の資格を生かして、例えばデスクワークのものがないか調べてみると産業看護師というものがあります。一般企業に勤める看護師になり、そこで社員の健康管理や健康診断、医務室の常駐などを行います。また健康相談のコールセンターというものもあります。健康に関する相談を受けて、相談者の悩みを少しでも軽減するため適切な応答をする能力が必要です。看護師としての経験を活かすことも出来るし、病気や怪我についてさらに詳しい知識が必要になってくるので勉強もしなくてはなりませんが、やりがいはあると思います。

臨床現場から飛び出すのであれば、知識と経験を積む必要があります。それから求められるのはリーダーシップ。一つの部署を任せられると思ってください。医師が常駐しないところなので、決断力が必要です。最低でも、後輩を育成したことがある・部門の班長・主任など経験していれば大丈夫だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>